すずのときめく情報発信blog

あなたの暮らしに少しでも「ときめき」が増えますように

すずのときめく情報発信blog

利用者数800万人超え!人気家計簿アプリ「マネーフォワードME」はズボラでも自動で家計管理ができる!




f:id:suzu1985:20190627221601p:plain

 

 

はじめまして。

インスタでは主にpay系の投稿を中心に活動しています、めぐ(おかめねこ)(@meg.okameneko)です。

今回は家計簿アプリ「マネーフォワードME」についての特徴やメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。

 

結論から言いますと、「マネーフォワードME」誰にでも簡単に家計管理ができる、超おすすめなアプリ!

 

家計簿をつけたい気持ちはあるけど、つける時間がないし、つけることが出来ないことが逆にストレスになってしまっていませんか?

そんなあなたに、ぜひおすすめしたいのです!

 

銀行口座だけでなく、今まで分かりづらかったクレジットカードや電子マネー、楽天ポイントやAmazonポイント、なんと証券会社まで・・・すべての入出金履歴や残高も一元管理することができます。

これを聞いただけで魅力を感じますよね♪

 

実際の登録方法や操作手順もお伝えしていきますね!

 

 

マネーフォワードMEとは

マネーフォワードMEは、個人向けの「お金の見える化」サービスとして、複数の銀行口座などから入出金履歴や残高を自動で取得し、家計簿を作成してくれるアプリ。

 

自分でノートにつけたり、Excelに入力していた時間を別のことに使える究極の時短家計簿と言っても過言ではありません!

 

マネーフォワードMEは無料版と有料版(プレミアム会員/月額500円)の2種類が提供されています。

 

もちろん有料版の方ができることは多くとても便利ですが、無料版でも充分使えますので、まずは無料版で始めてみることをおすすめします。

 

 

まずは無料でダウンロード
「マネーフォワードME」>>

 

マネーフォワードMEの特徴

数ある家計簿アプリがある中、マネーフォワードMEが800万人ものユーザーに支持されている最大の理由は、やはり連携できる金融機関・サービスがかなり多いからではないでしょうか。

 

銀行/カード/ポイント/電子マネーだけでなく、携帯/通販、さらには証券/FX・貴金属/投信/年金/その他サービス連携、なんと登録可能サービスは2600を超えているのです!

 

一度金融機関のアカウント情報などをアプリに連携させてしまえば、その後は自動で最新情報を取得し、アプリ上で連携した全ての金融機関を一覧で確認できちゃいます。
 

加えて、マネーフォワードMEでは毎日の支出を自動でチェックし、「食費」や「日用品」などのカテゴリに分けて表示することができます!

 

f:id:okameneko:20190624123842j:plain

いくら使っているかもカテゴリ別に自動で

 

それでは、実際に私が使って感じたメリットを紹介します。

 

マネーフォワードMEのメリット

3つの画面構成でわかりやすい

マネーフォワードMEの基本画面は、「ホーム」「家計簿」「口座」の3つで構成されています。

 

操作方法もわかりやすいので、どこを見たらいいのかわからない...なんてことはありません。

 

「ホーム」内のMy通知では、資産総額やカテゴリ分けされた円グラフで今月の家計簿を表示しています。

また、給料が振り込まれたり高額の出金があったりすると、ここにお知らせが入ります。

 

f:id:okameneko:20190624123932j:plain

My通知で最新情報がわかります

 

「ホーム」内の入出金では、入出金履歴を一覧で確認することが可能です。

 

f:id:okameneko:20190624124352j:plain

入出金が一覧で確認できて非常に便利です

 

次の画面の「家計簿」では、収入と支出がカテゴリ別に円グラフ化されており、さらに内訳をカテゴリ別で確認することができます。

通信費でいくらかかっているか、ATMからいくら引き出しをしたのか、日用品はどれだけ購入しているか、保険料はいくらかなど、連携しているだけで一覧で確認することができるので本当に便利です。

 

f:id:okameneko:20190624125059j:plain

どのカテゴリが何%を占めているかもわかります

 

 3つ目の画面の「口座」では、リアルタイムの残高を確認できます。

銀行口座や各種ポイント、LINE PAY残高なども一瞬で把握が出来るので、私は大変重宝しています。

  

f:id:okameneko:20190624125547j:plain

残高や利用額が一目でわかります

 これが一番おすすめかも?カレンダー機能!

3つの画面構成のほかに、マネーフォワードMEはメニュー欄があるのですが、その中にある「カレンダー」機能では、なんと日ごとの出費を見ることができます!

 

f:id:okameneko:20190624125647j:plain

カレンダー機能は本当に便利


1日でいくら使ったかが見える化されるのは本当に便利です。

ノーマネーデーの日が1か月で何日あるかも一目でわかるので、嬉しいですよね♪

 

入出金があるとメールでもお知らせ

一定額以上の入出金やカード引落し額が確定すると、メールでも配信してくれます。

その他にも毎週土曜日に入出金履歴や資産情報をまとめたウィークリーメールも配信されるので、無駄使い防止になるはずです!

 

夫婦で共有

1つのアカウントで複数台のスマホ、パソコン、タブレットから確認することができます。

そのため、夫婦それぞれのスマホで確認することもでき、使いすぎの防止になったり、夫婦で家計管理について話すきっかけにもなるでしょう。

 

私はパソコンやiPadからも確認できるようにしているので、自分でも家計管理に対する意識が変わったように感じます。

 

マネーフォワードMEのデメリット

Kyashでの支払いなどは未分類になってしまう

自動でカテゴリ分けをしてくれるのはとても便利なのですが、支払い先によっては判別できずに「未分類」として計上されることがあります。

 

私の経験上、VISAプリペイドカード「Kyash」での支払いや楽天市場で買ったペット用品、少しマイナーな外食先での支払いが未分類になってしまいました。

 

その場合は手動でカテゴリを振り分ける必要があります。

トータルの支出は変わらないので、未分類のままでも気にしない方は問題ないですね。

 

現金で支払ったものは自分で入力

当然ですが、現金で支払いをしたものに関しては自分で入力する必要があります。

 

ただ、マネーフォワードMEでは、レシートをスマホのカメラで読み込むこともできますので、比較的楽に入力することができます。

 

f:id:okameneko:20190624125814j:plain

レシートをカメラで読み込むことで時短になります

 

お財布をレシートにため込んでから、あとでまとめて取り込みをするのはNG!

あとでまとめてやろうと思うと、なかなか後回しにしてしまってお財布にレシートがたまってしまうのではないでしょうか。

それを防ぐために、買い物が終わったらその場ですぐにレシートをアプリに取り込んでしまいましょう!

取り込んだレシートはすぐに破棄してしまえば、お財布も心も身軽になりますよ♪

 

※レシートを破棄してしまうと、返品が出来なくなることだけ注意して下さいね!

 

無料版の連携可能数は10件だけ

有料版は月額500円になりますが、有料版利用者もかなり多くいらっしゃいます。

無料版と有料版の違いはいろいろあるのですが、なにより決定的な違いが連携可能数の制限の有無になります。

 

無料版は銀行口座やカード、電子マネーとの連携可能数は10件です。

実際私も利用して、「あと10件は欲しい!」と何度も思っています。

正直、10件だけではすべてを網羅するのに全然足りません。

 

ただ10件だけでも相当便利なのは間違いないので、まずはメインとなる口座やクレジットカード、電子マネー等を登録して使ってみることをおすすめします。

 

ちなみに私は、銀行口座3つ、クレジットカード2つ、LINEPay、楽天証券、楽天市場、スターバックスカード、Amazonポイントの合計10件を連携させています。

 

使ってみて非常に便利だと感じたら有料版を利用して、数か月間は家計の全体の把握を行ってみてもいいかもしれませんね♪

毎月の収入や支出、何にお金を使っているかなどの“お金の流れがわかってくると、無料版に戻っても問題なく家計管理を続けることができると思います。

 

マネーフォワードMEのダウンロードと登録方法

ここでは実際の登録方法と使い方についてご紹介していきます。

まずは一度、是非利用してみてこの便利さを体験していただきたいです。

 

まずはダウンロード

それでは早速「マネーフォワードME」をインストールしましょう。

→こちらから無料でダウンロードが出来ます。

 

アプリを起動すると、アカウント作成画面に進むことができます。

 

アカウント作成

メールアドレスとパスワード(8~100文字)を登録します。

例えば夫婦で家計簿の共有をしたい場合、夫婦で共有しているメールアドレスとパスワードを入力してアカウントの作成をします。

機種変更等でも利用するので、アカウント(メールアドレス)とパスワードは忘れないようご注意ください。

f:id:okameneko:20190624121402p:plain

アカウント(メールアドレス)とパスワード登録画面

 

その後プロフィール入力をしていきます。

f:id:okameneko:20190624121444p:plain

プロフィール入力画面

 

次に連携するサービスを選択する画面に移動します。

連携するサービスを登録する

まずは1つ、銀行口座やクレジットカードなどを登録してみましょう。

 

f:id:okameneko:20190624121514p:plain

連携したいサービスを画面に沿って選択し登録していきます

 

連携可能な銀行口座の多さにも驚きますが、TポイントやLINEPay、楽天市場なども簡単に連携することができます♪

f:id:okameneko:20190624122740p:plain

アカウント(メールアドレス)とパスワードを入力するだけ♪

 

どうですか?実際に画面に沿って進めていくと、あっという間に連携することができますよね。

 

この一度の手間だけで、後は自動で連携してくれるのです。

 

連携可能な金融機関やサービス一覧

マネーフォワードMEが対応している連携可能な金融機関は、全部で2614サービスあります。

 

その中でも主要となる50のサービスを列挙いたしますので、ぜひご確認くださいね。

 

銀行口座→イオン銀行・SBJ銀行・じぶん銀行・ジャパンネット銀行・住信SBIネット銀行・セブン銀行・ソニー銀行・東京スター銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行・りそな銀行・労働金庫 (13社)・信用金庫 (255社)
信用組合 (64社)・JAバンク (645社) など

 

クレジットカード→アメリカン エキスプレスカード・イオンカード・NTTグループカード・ENEOSカード(C・P・S)・エポスカード・エムアイカード・MUFGカード・au WALLET クレジットカード・オリコカード・ジャックスカード・Yahoo!カード・楽天カード・レックスカード など

 

証券→SMBC日興証券・SBI証券・岡三オンライン証券・カブドットコム証券・GMOクリック証券・大和証券・マネックス証券・楽天証券 など

 

仮想通貨・FX・貴金属→インヴァスト証券・FXトレード フィナンシャル・岡三オンライン証券 くりっく株365・岡三オンライン証券 くりっく365・外為オンライン・外為ジャパン・外為どっとコム(外貨ネクストネオ)・田中貴金属・DMM.com証券・bitbank・bitFlyer・マネックスFX・マネーパートナーズ など

 

ポイント・マイル→ETCマイレージ・ANAマイレージ・げん玉ポイント・JALマイレージ・Tポイント(Yahoo ID)・dポイント・トイザらス・ポイントタウンbyGMO・Pontaポイント・三井ショッピングパークポイント・ユナイテッド航空マイレージ・りそなクラブ など

 

携帯電話→IIJmio・au (au ID)・au (サポートID)・ソフトバンクモバイル・ドコモ・BIGLOBEモバイル・FREETEL・UQ mobile・LINEモバイル・楽天モバイル・Y!mobile

 

通販→LOHACO・Amazon.co.jp・Yahoo!ショッピング・楽天市場(my Rakuten) など

 

サービス連携→SBIソーシャルレンディング・クラウドクレジット・ビットコイン(アドレス管理)・ふるさとチョイス・maneo など

 

投資信託→THEO[テオ]by お金のデザイン・THEO+[テオプラス]by お金のデザイン・コモンズ投信・トラノコ・ひふみ投信 など

 

年金→SBIベネフィットシステムズ・損保ジャパン日本興亜DC証券(確定拠出年金)・東京海上日動(確定拠出年金)・ねんきんネット・野村證券(確定拠出年金)・みちのく銀行(確定拠出年金) など

 

電子マネー→スターバックスカード・SMART ICOCA (J-WEST ID)・ソフトバンクカード・タリーズカード・ドトールバリューカード・nanaco(カード)・nanaco(モバイル・ネット)・モスカード・モバイルSuica (My JR-EAST ID)・モバイルSuica (モバイルSuica ID)・LINE Pay・楽天Edy・WAON・WAON(イオンカード一体型) など

 

 

こんな方におすすめ

マネーフォワードMEアプリは、以下に該当する方に特におすすめな家計管理アプリになります。

 

・あらゆるサービスの残高を一覧で把握したい方

・毎日家計簿をつける時間がない方

・現金よりカードや電子マネーでの支払いが多い方

・何にお金を使ったか分からなくなる方

とにかく楽に家計管理をしたい方

 

最後に

マネーフォワードMEの公式サイトにも記載があるとおり、セキュリティ対策も万全です。

メールアドレスや金融機関にアクセスするためのデータはすべて暗号化され、厳重な管理・運用体制のもとで保護されているので安心して使うことができます。

 

f:id:okameneko:20190624125955j:plain

安心なセキュリティ

 

それでもなかなか自分の銀行口座やクレジットカードを登録するのが怖いという方は多いと思います。

公式サイトには、個人情報保護について詳しく回答がありますので、ぜひ見てみて下さいね。

→マネーフォワードME:セキュリティについて 

 

私は家計簿を「マネーフォワードME」にしてから、本当に無理なく家計簿を(勝手に)続けることが出来ています。

私のようにズボラで、日記も三日坊主になってしまう方にはぜひ一度、この便利さを体感してみて欲しいです。

 

この機会に家計簿ノートを卒業して、家計簿を自動化し、家計簿をつけていた時間を趣味や夫婦の時間に使ったりと有効活用するのもいいかもしれませんね。

 

みなさんも、ぜひ一度ダウンロードしてみてくださいね♪

 

まずは無料でダウンロード
「マネーフォワードME」>>

 

 

▼関連記事▼