すずのときめく情報発信blog

あなたの暮らしに少しでも「ときめき」が増えますように

すずのときめく情報発信blog

【緊急!10月5日まで】PayPay(ペイペイ)に新規登録して1000円もらえる方法を徹底解説!




f:id:suzu1985:20190829142941p:plain

 

 

こんにちは。

キャッシュレスに頑張って追いついています、すず(@suzu1985)です。

 

私はLINE Pay、PayPay、メルペイ、Origami Pay(クーポン利用時のみ)を主に使っています。

Pay系のキャッシュレスを使ったことがない方は、本当にいろんな種類のPayがあって、一体なにからやればいいか分からない方がとっても多いと思うんです。

 

そこで今回は、私が毎日使っているPayPayについて細かいことをどんどんご紹介していこうと思います。

(1記事に書ききれませんでした。次の記事にも詳しく書きます!)

 

 

▼目次をタップして読みたい項目にジャンプ!

 

10月5日まで!PayPayに銀行口座を新規登録して1000円もらえるキャンペーン開催中!

まだPayPay未体験なあなたに朗報なお知らせ!

f:id:suzu1985:20190827150548p:plain

以下の作業をするだけで1000円GET出来るので、ちょっと興味がある方はこの機会に新規登録をするのをおすすめします。

(以前は500円だったので、この1000円がまた500円に下がる可能性もあるため)

 

10月5日に新規登録して10月11日23:59までに銀行口座登録した場合は特典付与対象。10月6日以降の新規登録者は7日以内に銀行口座登録されても特典対象外。

 

PayPayボーナスは、PayPayが使える全国のお店で利用可能。

新規登録は全て終わらすのに15分もあれば出来るでしょう。

Yahoo JAPAN IDをお持ちで、すでにYahooウォレットに銀行口座が登録されている方でしたら、およそ5分程で登録が出来るはずです。

時給換算すると、とんでもないのでやらない意味が分かりませんw

 

\ まずはダウンロード /

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)
PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

 注意事項

・新規登録をして1週間以内に銀行口座の登録が必要。

・銀行口座登録の完了から原則2週間以内に付与。

・PayPayボーナスは送金やわりかん機能では利用不可。

PayPayボーナスが付与される前に登録した銀行を削除したり、Yahoo JAPAN IDの連携を解除した場合、または別のYahoo JAPAN IDに再連携した場合には特典付与対象外。

 

新規登録の前に対応銀行を確認

せっかく新規登録をしても普段使っている銀行口座がPayPayに対応していなければ残念ですよね。

特に注意したいのが、三菱UFJ銀行、楽天銀行はPayPayに対応していません。(2019年10月2日現在)

 

 

まずはYahoo!ウォレットの対象銀行を調べてみましょう。

→PayPayに対応している銀行はこちら

 

ちなみに私はゆうちょ銀行を紐づけています。

 

PayPayに新規登録してみる

それでは早速新規登録してみましょう。

①まずはPayPayアプリをダウンロードします。

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)
PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

ここからはPayPay公式からお借りした画像を使って説明していきます。

新規登録は最短1分で出来ますのでレッツゴー!

 

②電話番号とパスワード設定をするか、Yahoo! JAPAN IDをお持ちであればYahoo! JAPAN IDで新規登録。

f:id:suzu1985:20190827164403j:plain

③ソフトバンクorワイモバイルユーザーの方は赤い四角の枠をタップ!

携帯電話番号あてに届く4桁のコード入力でかんたんに登録が出来ます。 

f:id:suzu1985:20190827164415j:plain

新規登録から1週間以内に銀行口座を登録必須!

1000円GETするためにはこの工程は必須です。

 

①Yahoo! JAPAN IDの連携をします。

ホーム画面右下にある「アカウント」をタップ!

f:id:suzu1985:20190827150603j:plain

②「外部連携」をタップします。

f:id:suzu1985:20190827150616j:plain

③「Yahoo! JAPAN ID 連携する」をタップします。

f:id:suzu1985:20190827150631j:plain

④赤枠部分をタップ。

f:id:suzu1985:20190827150641j:plain

⑤連携するYahoo! JAPAN IDでログインします。

f:id:suzu1985:20190827150704j:plain

⑥これでYahoo! JAPAN IDの連携が完了しました!

f:id:suzu1985:20190827150713j:plain

次に、Yahoo! ウォレットを登録していきます。

PaPayはYahoo! ウォレットに登録しないと使えないサービスなので、これは必須です。

私は以前ヤフオクを利用していたことがあるので、すでに登録済でした。

 

PayPayに電話で確認をしましたが、私のようにすでにYahoo!ウォレットに銀行口座が登録されている場合でも、PayPayに新規で銀行口座を登録するのであれば今回のキャンペーンは適用になります。

 

⑦それではホーム画面の「支払い管理」をタップしましょう。

f:id:suzu1985:20190828150818j:plain

⑧ 赤枠の中の青いボタン「Yahoo! マネーを登録する」をタップ。

f:id:suzu1985:20190828150826j:plain

 ⑨赤枠の「同意する」をタップ。

f:id:suzu1985:20190828150835j:plain

⑩携帯電話番号を入力したあと、SMSに送信された認証コードを入力します。

f:id:suzu1985:20190828150851j:plain

⑪登録情報の確認・変更時などに使用する暗唱番号と名前を設定します。

ニックネームでOK!

f:id:suzu1985:20190828150901j:plain

⑫これでYahoo! ウォレットの登録が完了しました!

f:id:suzu1985:20190828150915j:plain

 

もうすぐ終わるので頑張って!

 

⑬ホーム画面の「銀行口座登録」をタップ。

f:id:suzu1985:20190828150927j:plain

⑭該当する銀行口座を選択して、それ以降はお持ちのネットバンキングの外部ページに接続して登録をしていきます。

この段階で「PayPayに銀行口座の暗証番号や預金情報など知られるのが怖い」という不安を持っている方がいると思うのですが、銀行の情報はPayPayには全く知られないのでご安心下さい。

口座情報&銀行のパスワードを登録するときに、いつも利用しているネットバンキングのページ(外部ページ)に行けば、情報は漏れていません。

f:id:suzu1985:20190828150950j:plain

これでPayPayの新規登録&銀行口座登録が完了しました!

 

ですが、せっかく登録したにも関わらず、登録が反映されていなくて1000円をもらいそびれてしまったら残念ですよね。

 

ここからはきちんと登録が出来ているか確認していきましょう。

 

PayPayアプリで登録した口座を確認する方法

①アカウントをタップします。

f:id:suzu1985:20190827150603j:plain


 ②赤枠の支払い方法の管理をタップ。

f:id:suzu1985:20190829002041j:plain

③赤枠のカードを左にスライドして、登録した銀行口座が表示されていれば登録完了です!

f:id:suzu1985:20190829002050j:plain

お疲れ様でした!これで完璧です。

あとは1000円が2週間以内に付与されるのを待ちましょう。

 

どうして登録するだけでお金がもらえるの?怪しくないの?

さて、ここまで読んできてもまだ半信半疑なそこのあなた。

「なんで登録するだけでお金がもらえるの?」

大半の方がそう思っているかと思います。

 

どうしてアプリをダウンロード&銀行口座を登録しただけで1000円もらえるのかと。

個人情報がいっぱい抜かれたりして、売られるんじゃないのかと思っていませんか?

 

しかも最近では「セブンPay」の不正利用があったばかりなので敏感になりますよね。

PayPayの不正利用が現在(2019年8月末)まであったか調べてみたのですが、2018年12月にありました。

が、これの真相はPayPayに登録する前に元々クレジットカードの番号が詐欺グループに抜かれており、詐欺グループが盗んだクレジットカードの番号を後々PayPayに不正に登録して、PayPayを利用したそうです。 

 

PayPayのシステム不備での不正利用は現在(2019年8月末)までは起きていません。

 

ちなみにどうしてPayPay(ソフトバンク&Yahoo!)がお金を個人にばら撒いているのかというと、CMで宣伝するよりも広告費が格段に安いからです。

 

PayPayの100億円キャンペーンを2回開催していましたが、現在のPayPayユーザーは1000万人。

ということは、広告費200億円÷実際の利用者1000万人=1人あたり2000円の広告費を出している計算になります。

1人2000円も?高くない?と思われる方も多いと思います。

でも実際は本当に使ってくれるユーザーに2000円を出すのは、破格だそう。

(最近広告代理店の方に聞きました)

本来なら1万円くらい払っても使って欲しいそうです。

 

広告費ってやばい。。

 

ということで、TVCMにお金をかけたところでユーザーが使ってくれる可能性は分からないので、PayPayが自ら利用者に広告費を還元している仕組みなんですね。

なかなか広告の世界は面白いです。

 

PayPayを使って不正利用された場合の補償はあるの?

かといってもやっぱり今後不正利用される場合もあるかもしれませんよね。

そんな心配をしているあなたにほやほやのお知らせ。

 

下記は2019年8月28日にPayPay株式会社が出した補償についてのプレスリリースです。

 

 ユーザーを対象とした補償制度について

「PayPay」をご利用の全ユーザーを対象に、決済、チャージ、送金(譲渡)などのPayPayが提供するサービスにおいて、万が一アカウントや銀行口座情報およびクレジットカード情報などが第三者に盗用されて不正利用されるなどによる被害に遭われた場合、原則PayPayが被害額の全額を補償します。

また「PayPay」をご利用でない方(PayPayアカウントをお持ちでない方)が、不正利用などによって、「PayPay」を利用した被害にあわれた場合にも、原則PayPayが被害額の全額を補償します。 

 

※被害に遭われた方に故意または重大な過失などがあった場合は、補償できない場合があります。

引用元:PayPay株式会社

 

PayPay、本気出してきました!すごい!

今までは利用規約に定めておらず、補償内容はあやふやだったそうなのですが、今回ユーザーに安心して使ってもらいたい&利用者を更に増やしたい気持ちから、被害額の全額を出すことを利用規約に定めたそうです。

 

PayPayお問い合わせ窓口

24時間年中無休で応対してくれますので、万が一何かあった場合も安心ですね!

さっきかけてみましたが、2分で繋がりました。

 

ユーザーお問い合わせ窓口

→電話番号:0120-990-634

 

加盟店お問い合わせ窓口 

→電話番号:0120-990-640

 

さいごに 

PayPay愛が深すぎるので、本来はまだまだ記事が書けるのですが、めちゃくちゃ長くなってしまうので今回はここで自主規制をかけておきます。。

次の記事では、普段私がどのようにして使っているか?

PayPayの支払いをすることによって、いくらお得になったのか?を詳しく書きましたのでどうぞそちらも合わせて読んでみて下さいね♪ 

 

2019年10月から消費税が10%に値上げされました。

キャッシュレスでの支払いの場合は2020年6月までは、消費者還元事業のポスターが貼ってあるお店の場合は、2% or 5%還元されます。

5%って、消費税10%ー5%で実質消費税が5%ですよ。

え、今の8%より安いじゃないですか。笑

キャッシュレス生活、やらない理由はないかと思います!

 

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)
PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

キャッシュレスだと家計簿が分かりにくくなるから導入が出来ないと困っている方には、こちらの家計簿アプリがおすすめ。

現時点ではPayPayとマネーフォワードMEは連携が出来ないのですが、PayPayチャージ専用の銀行口座を用意して、マネーフォワードMEに紐づけをすれば家計管理が一気に楽になるはずです。

 

800万人が利用している家計簿アプリ

「マネーフォワードME」のダウンロードはこちら

 

 

私のインスタグラムでもたまにPay系のキャンペーンをストーリーにUPしているのですが、「すずさんのおかげでPay生活を始めることが出来ました!」という声をすごくよく頂きます。

しかも、私よりも使いこなしている方も本当に多いw

皆様のお役に立てることが本望です!

いつもありがとうございます。

 

キャッシュレス生活に躊躇している方がいたら、ぜひ私のブログを紹介して頂けると嬉しいです。

下のシェアボタンからこの記事をシェア出来ます。