すずのときめく情報発信blog

あなたの暮らしに少しでも「ときめき」が増えますように

資産運用の種類を知ろう①【定期預金 国債】




f:id:suzu1985:20180808181834j:plain

 私はここ数年、「資産運用がしたいなぁー」と漠然と考えていました。

でも、思っているだけで、まず一体何をすればいいか分からない。

そもそも「資産運用」ってなんだ?

    

分からない

  ↓

誰もやっている人が周りにいない

  ↓

自分で調べるにも何から調べればいいのか分からない

  ↓

めんどくさい

  ↓

まぁ、いっか!やーめた!

 

これがここ数年の流れ 笑。

 

これ、大半の人がそうだと思うんです。

ある程度預貯金が出来るようになってくると、預貯金以外にお金を増やしていきたいという漠然な気持ちはあるのに、本当に何からしたら良いのか分からないんですよね。

 

私はその時お片付けに関してインスタグラムで発信をしており、たまたま「日経WOMAN」の方が我が家に取材をしに来てくれたことが資産運用を始めたきっかけでした。

「日経WOMAN」に載ったんだから、お金の知識をもっと増やそう!

思っているだけではダメだ、行動しなければ!

という熱い思いが自分の中で出てきました。

この記事を読んで、以前の私のような方に背中を押すことが出来たらいいなと思っています♡

 

資産運用怖い!どうせ損するんでしょ?!と思っている方にはこちらの記事がおすすめ♪

www.xn--88jc.jp

www.xn--88jc.jp

 

 

 

資産運用の種類 ①定期預金

f:id:suzu1985:20180808151412j:plain

一番ポピュラーな運用方法から順番にご紹介していきます!

 

誰もが知ってる定期預金。

こちらもお金を寝かせているだけで、利息がもらえるので資産運用と言えますね。

結構勘違いされるのが、中途解約すると元本割れするんでしょ?ということ。

実は、中途解約でも元本は保証されます。

中途解約のデメリットは、満期時にもらえるはずだった利息よりも、利息が少なくなること。

銀行によっては中途解約時の利息が、普通預金の利息よりも少なくなる場合もあります。

普通に預金をしていた方がお得だった。。

ということもあるので、大きなお金を預ける際は慎重に。

とはいっても元本保証されるので、かなり低リスクな資産運用方法です。

 

しかし現在(2018年8月)定期預金の金利は

100万円以下 0.050% 【イオン銀行

100万円~300万円未満 0.250%【オリックス銀行

 とマイナス金利政策の為、昔と比べるとかなり低い金利になっています。

 

そもそもイオン銀行と楽天銀行は条件達成をすれば、普通預金でさえ金利が0.1%なので、正直定期預金にするメリットはあまり私には感じられません(泣)

 

我が家はメインバンクをイオン銀行、私の余剰資金は楽天銀行の普通預金に預けています♪

 

資産運用の種類 ②国債

f:id:suzu1985:20180808155741j:plain

急に国債?!

なんだか難しそう、怖い!と思ってこのページを去ろうと思ったあなた!

まだ帰らないで!

むしろ国債って定期預金並み、いやむしろ定期預金よりも低リスクな資産運用の一つなのです。 

 

そもそも国債とは

国債、一応皆社会科で勉強して名前は知っていますよね。

実は私も国債という名前は知っていただけで、どんなものか良く分かっていませんでした。笑

 

国債とは国が発行している債券。

国は資金を調達したい為に国債を発行して、企業や銀行から借金をしています。

国債というと会社とか銀行じゃないと買えないのでは?

個人が買えたとしても富裕層だけなのでは?

と思うと思うのですが、個人向け国債は1万円から購入が可能です。

私達個人が国債を買って満期まで保有をすると、定期預金と同じ感覚で国から利子がもらえるのです。

 

銀行や証券会社で個人向け国債を買う

(満期は固定3年、固定5年、固定10年から選べる)

  ↓ 

個人向け国債の発行

  ↓

日本国債の場合は半年毎に年2回の利子を受け取れます。

満期になったら元本は返済され戻ってきます。

(発行後1年経過すれば、いつでも中途換金が可能)

 

 

これが国債。

思ったより難しくないでしょ?

国の定期預金バージョンと思ってもらえれば簡単かと思います。

国に定期預金をするか?銀行に定期預金をするか?

一見難しそうに思うけど、お金の預け先が違うだけ。

 

国債が低リスクな理由

 定期預金は銀行がもし破綻した場合に、ペイオフという保証があるので1000万円までは保証されます。

 

 ペイオフって?

ペイオフという用語は、次の2つの意味で用いられることがあります。

・金融機関が破綻した場合の破綻処理方式の1つとして、保険金を預金保険機構が直接預金者に支払う方式を指すことがあります。

・また、金融機関が破綻した際に、預金等の一定額しか預金保険による保護の対象にならないこと(換言すれば、預金者に損失の負担が生じ得ること)を指すこともあります。

ペイオフとは何ですか? : 日本銀行 Bank of Japan

 

例えば1つの銀行に1500万円を預けて銀行が破綻しまった場合に、1000万円は保証されますが、500万円は手元に戻って来ない可能性があります。

 

逆に国債の保証はどうなるのでしょうか?

もし銀行が破綻した場合に、国債はペイオフの対象にはならないのですが、国が元本や利子の支払いを責任を持って行ってくれる!

ということは1500万円を銀行に預金として預けるより、国債で預けておいた方が国が破綻しない限り保証されるのです。

銀行の破綻リスク、国の破綻リスク、明らかに国の破綻リスクの方が小さいですよね。

 

国債について財務省が可愛くて分かりやすいサイトを作っていました!

頑張ってるな。。

www.mof.go.jp

 

国債の利回り

さて、皆気になる国債の利回り。

実は日本国債は現在マイナス金利政策の為とても少ないです。。

満期固定3年と固定5年は0.05%。

変動10年は現在0.105%(変動なので将来上がる可能性や下がる可能性があります)

 

イオン銀行と楽天銀行の利回り0.1%の方が、日本国債の固定3年と5年と比べると高いのです。

 

世界の国債

それでは他の国の国債を10年満期で見比べてみましょう!

f:id:suzu1985:20180808233342j:plainマーケット情報 国債利回り : 三井住友銀行

米国債の利回りが、日本の約28倍。。

世界の他の国と比較すると、本当に日本が低金利なことを実感しますよね。

これを見て、そうか!じゃあアメリカの国債を購入すればいいのか!

と思われたと思うのですが、他の国の国債を購入するには為替リスクがついてきます。

 

為替リスクについては次回の「資産運用の種類を知ろう②」の外貨預金についてで詳しくお話していきます!

長くなってしまったので何回かに分けてお伝えしていきますね♪

 

 

SBI証券